七不思議を消去せよ(最終回)今回の原案・kazura、作・風間銀灰

こうして、七不思議の解明は今回はとりあえず終わりとなったが、いつか、今日のことを忘れた学生たちが、また新たな不思議を見つけ、伝えていくだろう。科学が進んでも、怪談話が面白いということに変わりはないのだから。 「あ~あ、今回は鳴戸クンたちに振り回されちゃったみたいで、損したですぅ。バイトお休みしてまでここに来たのにィ。」 楠がぼやいた。 「悪かったっス。お詫びにおごるよ。…先生が。」…

続きを読む

七不思議を消去せよ~あとがき~

どうも~、ginkayです(久々ですなあこのフレーズ)。読者の皆様、ぴったり三週間おつき合いありがとうございました☆見逃した方はぜひHPへどうぞ(宣伝)。 そうそう、念のためお断りしておきますが、この作品はフィクションです。実在の人物・団体・その他諸々一切関係ありません(当然だってばさ) そもそも、今回の連載のきっかけは、相棒kazuraさんが、アイデアで苦しんでいた私に、「学校の怪談なテー…

続きを読む