the Mirror -偽りのない世界へ-

すごく 心が踊るとき 鏡に映る私 すごくまぶしい すごく 心が沈んでいて もやもやしているとき その中にいる私は 寒気がするほど 恐ろしい顔をしていた 顔しか映らない 小さな小さな 手鏡 いつみても 私はわたしだけど その奥のわたしは 本当のわたし ...なのかと 疑いたくなってしまう

続きを読む

the Mirror -美しい君へ-

漆黒色の やわらかい髪の毛 赤い模様の入った 櫛 ゆっくりと とかしていく 白い手 長い指 桃色の爪 まっすぐな瞳で わたしを見つめ その赤い唇は ゆっくりと 開かれて 何かを いいだそうとする 映る君のすべては 僕のすべて なにもいわなくても その姿だけで 僕はわかる 何もいわなくても...。 **ランキングに参加しています。 気…

続きを読む

the Mirror -出会いはすべてあの日から-

鏡よ鏡 世界で美しいはだぁれ? こんなおとぎ話のように 鏡に話し掛けたら きっと答えてくれる ずっと信じてきました 信じることは 悪いことじゃない って あの人は  あたしに そういいました だから信じてきてました 涙でくぐもる瞳 喜びで光り輝く瞳 あの方はずっと こんなあたしを みつめてくれていたのでしょうか。 胸が苦しくて こらえきれ…

続きを読む

憧れ

真実というものを信じてた でも真実はひとつじゃなかった 正義というものを信じてた でも誰にも等しい正義などなかった 不滅の愛というものを信じてた でも形の変わらぬ愛などなかった こうして 絶対なものなどないと知ってきた なのに今日も私は 永遠なるものを求めて 世界をさまよい続けている by ginkay **ランキングに参加しています。 気に入りましたら一日…

続きを読む

空の金平糖

すべての幸せを包み込むように 天のこんぺいとうたちは 優しく瞬く 窓に映る はれぼったいまぶた 涙にぬれた頬 瞳に映るのは 反射した姿でなくて 戻るに戻れない セピア色の日々 遠くをみつめても 後戻りはできなくて 前へ 前へ と 進まなくてはいけない こんぺいとうが輝くように 明日を輝かせたい by kazura **ランキングに参加して…

続きを読む

桜道

桜が咲くころに  すれ違った あなた おろしたての白いソックス なんだか くすぐったかった 時計の針は休みもしないで ずっと 前へ進んでいく ちょっとした不安 足踏みしても 後戻りしない そしていつか 桜が散るころに 紺色の学生服 後ろ姿を みつめていた by kazura **ランキングに参加しています。 気に入りましたら一日一回ワ…

続きを読む

忘れないで

何十枚ものCD 秘密の場所に そっと  しまいこんでいる さよならをしても また会えるよね、 と、信じていた あの頃 その時が こんなに早く くるなんて 願ってもいなかった その歌 その姿 その想い 変わらぬ姿で 思い出はかき乱れる 秘密の隠し場所 ずっと 忘れないから このときめき 永遠に続けたいから by kazura **ラン…

続きを読む

Again

Don't tell me "Forget me" The days I count The time I spent The season I feel All became to be one in my heart When I know you are back again Never dream about This would happen Suddenl…

続きを読む

the Mirror -陰と陽-

みつめるだけが すべてではない その奥に潜む 光と影 探し出せたら きっと あなたは星になれる by kazura **ランキングに参加しています。 気に入りましたら一日一回ワンクリックをお願いします**

続きを読む

春の訪れ

目を覚まして 白いレースのカーテンを  そっとあけてみる 強い 白い光 寝起きの瞳にはまぶしすぎて 思わず まぶたを閉じた 窓を開けていないのに なぜだか わかる 新緑のやさしい香り なんだか どきどきした by kazura **ランキングに参加しています。 気に入りましたら一日一回ワンクリックをお願いします**

続きを読む