025 狂うほど(くるうほど):【詩を書くあなたに100のお題】

025 狂うほど(くるうほど) どんなに気が動転しても こんなふうに 思うことはなかった それは 本当の気持ちなのか 偽りの気持ちなのか それは自分しかわからない けど その気持ち もっと素直になれれば どんなによかったかな って 思うこともあったな by kazura 配布元:【詩ならひ】瑠璃春華  >>> http://u…

続きを読む

あまりに水が冷たくて

自分で食べない米を研ぎながら どうして手抜きができないんだろう どうしておねえちゃんに生まれたんだろう どうしておいしく炊けちゃうんだろう どうして気力がなくなるんだろう どうして女が家事するんだろう たくさんのどうしてが廻る 糠が残っても放っときゃいいのに 全くのバカ姉してりゃいいのに まずく作れば頼まれないのに 気力がないときゃ寝てればいいのに 女が家事しなくたって…

続きを読む

見つけたこと

仕事とはなんのためだろう。 って、いつも自問していた 結局、答えはみつからなくて 考えたくないから とか わからないから とか そんな理由で考えは いつも 答えがないから とまってしまう 先日 こんなことがありました。 ある人が会社を退職する前に ひとこと言いました。 "もう自分のことをさせてくれ" と。 このとき 私は思いました。 働くって 会社とい…

続きを読む

衝動買い

鍵モチーフのペンダント もういくつも持っているのに 宝石箱に眠っているのに 銅色の鍵を 手に握りしめて 離せなくなった もうとっくに大人になってて いくつ鍵を集めても 異世界の扉は開いたりしない 判っているのに… by ginkay これは実話であります(笑)心理分析の格好の材料になりそうですね(^^;

続きを読む

春は

春はどこまで来てるかな? 花の種が聞いてきた 昨日は伊豆辺りまで来てたよ とひよどり じゃあ今日は? 鹿児島 遠ざかってるじゃん 春はね 進んだり引き返したりして やってくるんだよ by ginkay 昨日は比較的暖かかったですね。油断してもう一回風邪引かぬよう気を付けます…たはは。

続きを読む

迷い

悲しくもあれば うれしくもある 本音は やってみたかった だけど 残された可能性は 1パーセントもなくて それにすがりたいことがあった わたしは何をしたいのだろう と いつも 自問する 可能性を自ら切り開くか 可能性を使用してみるか 答えはすぐそこ だけど いつも迷ってしまう 自分に 嘆かないで あなたはいつも がんばっているのだから

続きを読む

テーマ:鏡より

カーテンをあけると 窓から いつも景色が見えてくる 白い太陽 青い空 そして 緑の土地 部屋の隅には 何年も前に 忘られたであろう 自分を写す 別のものがある 一度もその中に 自分を写さずに 遠くから みつめてきた 見つめるだけではなくて 何かを感じたくて 覗き込みたい そんな衝動にもかられる 昔話のこと ある土地にひとりの美しい女性がいました …

続きを読む

ある日天使が

ある日 小さな天使が 雲って下から見ると どんなふうなの? って思って 地上から 雲を見上げた 下にあったのが 上に来て なんだかドキドキしたけど 雲はやっぱり ちゃんと天使の好きな 雲だった by ginkay テレビで見た、雲の上の飛行機から見える映像で思いつきました☆

続きを読む

優しい嘘

また天国で会えるよ いつか必ず会えるよ だったら何でこんなに 涙がぼろぼろ出るんだろ 姿は見えなくても どこかで見てくれてるはずなのに 傍にいるはずなのに どうしてこんなに 心がからっぽなんだろう だけど もう会えない二度と会えない そうだとしたらとても 生きていけない 天国で会えるよ きっといつか会えるよ… by ginkay 私自身は、今のところ魂…

続きを読む

やけどのあと

じりじりと 皮膚を焼き付けるような 熱い太陽 からりとした 熱い空気 冷たいコカコーラを飲んで のどを潤しても すぐに また 飲みたくなる 左の腕がこんがり色に 日焼けして いつも 若さの勲章 だと 喜んでいた 気温に負けて  肌から吹き出るような汗 あっという間に 皮膚から蒸発して あとかたくもなくなってしまう 赤い夕日 空を見上げて 涙をこ…

続きを読む