第二話 ウサギのサファイアとの出会い 下書き中だけど公開

こぐまのマロンくんとかめのマックスくんは、いつも一緒です。
マロンくんのほうがマックスくんより体は大きく、走ったらマロンくんのほうが早いので、マックスくんはいつもマロンくんの背中にのって移動します。
やわらかいマロンくんの毛並みはとても気持ちがよくて、マロンくんのあったかい体温がマックスくんを眠りに誘います。
だから、マックスくんは誰よりもマロンくんの背中が大好きです。
だけど、歩いているときは違いました。
リズミカルな足取りでいつも、マロンくんは歩くので、背中は右、左と交互に揺れてしまうのです。なので、そんなときは、あまり乗り心地はよくないけど、自分で歩くよりは、早く歩けるので、マックスくんは文句をいいませんでした。

今日はりんごの森へ行く途中です。
やまびこ山に行くには、たくさんの森や道を歩いていきます。
一番最初にりんごの森を通過することになりました。
そんな中、道を歩いていると、目の前に一匹のウサギが現れました。

<続く>

この記事へのコメント