マロンの冒険の主な地名の説明

ここでちょっとだけ要約を公開。

第一話
(というよりこれは序章になります)

登場人物

マロン : おおくまファミリーの息子。好奇心が強くて、やんちゃな男の子。
マックス: 陸がめ。冷静な頭脳を持っているけど、小心ものなのですぐに殻に     閉じこもるくせがあります。

島の名前
ぽこぽこ島(poko poko jima)

島の住民たち
さまざな動物がいます。

やまびこ山
島の北側にあります。
向かったものは帰ってこないと、恐れられています。
山に登る前には、動物たちが恐れている黒の森で囲まれています。

黒の森
やまびこ山を囲む深くて先の見えない闇の森。
木々は緑でなく黒い葉っぱと灰色の樹木で覆われています。
ここはたくさんの命をたった動物が集まっているといわれています。
一度入ったら出てこられないという、不思議な森でもあります。

ぽっかり湖(pokkari ko)
ぽこぽこ島の中央に浮かぶ島一番大きな湖。
ここには水の中にすむ動物や自然がたくさん保護されています。

まだまだ設定はしてありますが、名前がでてきたら紹介します。
地図などのイラストはまだ思案中。


この記事へのコメント